こんにちは、ホームページ制作専門業者の沖縄エヌポンプです。

ホームページ制作において「社員やスタッフの情報を紹介するページも作った方がいいの?」というご質問をよくいただきます。実際、中小企業や個人事業主が運営するホームページを見てみるとスタッフ紹介ページがあるサイトもあれば無いサイトも存在する為、自社サイトを制作する際にどう構成したら良いのか判断が難しいところではあります。

今回は、そんな「スタッフ紹介ページ」について制作をおすすめしたい職業やスタッフ紹介ページににまとめる項目、デメリットについて解説していきます。

スタッフ紹介ページ制作をおすすめする業種

スタッフ紹介ページの制作は、ホームページを運用する企業・サービス・商品に関わる社員やスタッフを閲覧者に知ってもらうことで、プラスの効果が期待できる場合に検討します。

  • 学習塾の講師
  • 美容サロン
  • 整骨院やマッサージ
  • 医院、クリニック等の医師 など

上記のようなサービスを受けたいと思っているユーザーは、どのような人が対応するのかという部分も判断材料の一つとして検討します。いわゆる中の人が見えない状態よりも、顔や名前がホームページ上でわかることで利用時のイメージがしやすいことや安心感がある為、基本的には特定の商品ではなく人が主体で提供するサービスや対面接客をおこなう業種の方にスタッフ紹介ページの作成をおすすめしています。

スタッフ紹介文にまとめる項目

顔写真、実名、肩書き、本文(他己紹介、自己紹介)

一般的なスタッフ紹介文は顔写真とともに名前、肩書きが記載されており、より詳しく掲載しているサイトにはそれぞれの紹介テキストも記載されています。

ですので、「写真」「テキスト」がホームページ制作時に必要になりますが、素材集めのコツとしては、紹介文のテキストは他己紹介でも自己紹介でも良いですが、複数人の紹介を掲載する場合は「文字数を50文字前後で用意する」など、できるだけ揃えて作成します。また、顔写真を撮影する際には同じ場所から、背景や明るさ(室内であれば室内灯をつけて撮影し、屋外であれば同日中に撮影する)が変わらないように撮影しましょう。このように「写真」「テキスト」をなるべく統一させることで、サイトデザインにも統一感が出ます。

似顔絵などのイラストやニックネームを使用する

顔写真は出したくないがテキストだけでは味気ない、という場合には顔写真の代わりにイラストを使用するパターンもあります。

イラストによっては、個性的な印象や可愛らしい雰囲気を出すことができるなど、WEBサイトのデザインに馴染ませて違和感のないように引き立たせることも可能です。また、業種によりますがスタッフの実名を出したくない場合は仕事用のニックネームを掲載すると良いでしょう。

より親やすい印象を出すには、趣味や好きな映画などの閲覧者が身近に感じることを一言加えるパターンもあります。

スタッフ紹介ページを制作するデメリット

所属スタッフや社員紹介ページを作成した場合、スタッフの退職や入れ替わりなどがあった場合にサイトを修正する必要があります。ですので、頻繁に入れ替わりのある業種や職場ではスタッフ紹介ページの作成はあまりオススメできません。

ホームページの作成や運営を外部委託している場合はサイト修正費用がかかりますし、修正して公開するまでの期間が少なからず必要になる為、すでに在籍していないスタッフの紹介がページ上に掲載され続けることや、ホームページ閲覧者から問い合わせがあるなど問題が生じる場合があります。さらに、特に女性スタッフの場合は、防犯上実名や顔写真を載せてしまうことで事件が起こりうる可能性もないとは言い切れません。

ですので、スタッフ紹介ページを制作する際にはこれらのリスクを知った上で、自社のサイトにも導入した方が良いのかを検討していく必要があります。

まとめ

<スタッフ紹介ページの制作をおすすめする業種>・学習塾の講師・美容サロン・整骨院やマッサージ店など<制作のデメリット>・スタッフ入れ替わりがあった場合に修正作業が必要になる・実名や顔写真掲載は防犯上のリスクが少なからずある

スタッフ紹介ページを制作する際にはメリットやデメリットがあります。自社サイトでも導入すべきか検討した上で制作をしましょう。