こんにちは、沖縄のWEBサイト制作・ホームページ制作専門の沖縄エヌポンプです。

本日は、YouTubeチャンネルを開設する前にしておくべき準備についてお話します。

YouTubeはホームページ同様に大手企業やフリーランス、会社経営者などのブランディングやPRとしても使われています。企画力やトーク力、編集力などによって徐々に認知され、YouTubeから有名になる個人や企業も多く存在し、WEBツールの一つとして欠かせないものとなっています。

今回はそんなYouTubeチャンネルの開設前に、まずは何から始めれば良いか最低限必要な項目をまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

YouTubeを始めるにあたって必要な準備

目的や目標の設定、チャンネルの方向性を決定

ホームページやサイトを開設する際に必要な、「目的や目標の設定」というものがYouTubeチャンネルを開設する際にももちろん必要となります。

会社自体の認知を上げたいのか、ある商品をピックアップして売りたいのか、個人の趣味として運用し有名YouTuber的な存在になりたいのか、あるいは職務内容や会社全体の雰囲気を紹介するなど社員採用のために運用していきたいのか、など目的によってチャンネルの方向性が異なるため最初に洗い出すことが必要になります。

目的を事前に決めていくことでチャンネルの方向性がブレずに一貫した動画を制作し続けることもでき、「この動画面白いな」と思った閲覧者がチャンネルの中身を見てさらに別の動画を見てくれる可能性も高まるでしょう。ですので、事前にチャンネルを開設する目的や目標を設定し、チャンネルの方向性を決めておく準備が必要となります。

競合調査をし、チャンネルの方針を決める

YouTubeは日々全世界から膨大な数の動画が投稿されており、ただなんとなく制作した動画をアップロードするだけでは多くの投稿動画の中に一瞬で埋もれてしまいます。

その中でも閲覧者に「見てみたい」と思わせるように、まずは検索結果に表示されるようなタイトル作りやクリックされるようなサムネイル画像を制作するなどの戦略的な投稿が必要となります(これらはホームページやWEBサイトの更新にも同様です)。そのためにはチャンネルの方向性や目的等を決めたら、競合調査を行いましょう。

具体的には同業他社の中で、登録者数の多い人気のチャンネルをいくつかピックアップし(最低20チャンネルは比較します)、それぞれの投稿状況について調査していきます。以下はその調査内容の一部です。

・タイトルの付け方・サムネイルの仕様・動画の長さ(分)・動画の概要欄の書き方・動画の企画内容や構成・使用しているハッシュタグ・投稿の頻度や公開中の動画総数・顔出しや声出しの有無 他

これらを調査すると、動画の構成や特に見られている企画内容や編集方法、テロップの出し方など、人気チャンネルの共通点を発見できるので、まずは徹底した競合調査を行います。競合調査をした上で、そこそこ需要があり、かつ今後も伸びていくであろうジャンルを選定して方針を決定します。

一本の動画制作に対しての広告費や撮影の予算を決めるだけでなく、上記で挙げた競合調査項目に対して自身のチャンネルはこうしていく、という方針をまとめていくことも重要です(例:「タイトルの付け方…最初の10文字の中に動画キーワードを入れる、○文字以内におさめる」「サムネイルの仕様…必ず人物を入れて、キーワードを大きめのフォントで追加する」「動画の長さ…10〜20分以内におさめる」)。また、違反対象にならないように動画の中身やタイトルの付け方で注意すべきことなども最初に方針の詳細を決めておくと、チャンネル開設後の動画投稿時にスムーズに作業が進むでしょう。

動画の企画、構成を出す

YouTubeチャンネルをより多くのユーザーに広め、閲覧者だけでなくチャンネルのファンを増やすためには継続した更新が必須条件です。チャンネル方針決めの際に決定した投稿頻度を崩すことなく、継続して動画制作から公開作業を行うには、あらかじめ動画のスケジュールや企画内容、テーマを先を見据えて決めておく必要があるため、動画の案や企画の案を出していきましょう。

ここで重要なポイントが、「続けていける企画や構成か」です。いくら需要があるジャンルや企画内容でも、動画制作にかかる費用や時間が現実的ではないと、長期的に継続して公開し続けることが難しくなるでしょう。まずは無理のない範囲で続けることが可能な企画なのかを前提として、トレンドや閲覧数の多い動画の傾向を考慮しつつ企画・構成の案を出していきましょう。

撮影機材や編集ソフト、動画に必要な素材を揃える

目的、チャンネルの方向性、方針、動画の企画が固まったら、撮影に必要な機材を揃えます。以下が動画撮影から編集時に必要なものの一部です。

・撮影用のカメラ、マイク・三脚・撮影用ライト・編集用PC、通信環境・動画編集ソフト(Premiere Pro、DaVinci Resolveなど)・画像、ロゴ制作ソフト(Illustrator、Photoshopなど)

動画の内容によってはスマートフォンで撮影を行い、無料の動画編集アプリで編集作業を行うなどスマートフォンでも制作が可能ですが、機能面に制限があるためよりクオリティの高い動画を制作したい場合はやはり有料の編集ソフトや本格的な動画撮影用機材が必要になるでしょう。また、動画の企画で必要な素材があれば事前に購入するなど準備をしておきましょう。

ホームページ・WEBサイトの運用と同じくYouTubeの運用も継続した更新が重要

【YouTubeチャンネル開設前に必要な準備】・チャンネルを開設する目的、目標を設定し、チャンネルの方向性を決定する・競合調査をし、チャンネルの方針を確定する・投稿する動画の企画や構成を洗い出す・撮影機材や編集ソフト、動画に必要な素材を揃える

YouTubeは今後も動画需要は伸びていくことが考えられるため、企業だけでなく個人からの参入も多く、日々新しいチャンネルが開設されており、試行錯誤された企画や構成の動画が毎秒アップロードされています。

上記した通り、開設前に必要な準備を行うことも重要ですが、何より定期的に継続した更新をし続けることが閲覧者やファンを増やす最大のポイントであると思いますので、まずは費用も問題なく楽しく更新し続けられるジャンルは何かを一度考えてみることをオススメいたします。

以上、YouTubeチャンネルを開設する前にするべき下準備についてでした。