こんにちは、ホームページ制作・動画制作専門業者「沖縄エヌポンプ」スタッフです。

皆さんは最近”凪”の状態でいたい日、ありましたか。苦しみや悲しみや感動なんて感じたくない、ただひたすらお酒を飲んで明日の事なんて考えずに仕事や日々の疲れを癒したいなんて日、たまにありますよね。

ということで本日はネットフリックス大好きスタッフが最近鑑賞した中でも特に心を凪にしたい時に、頭使わずにめちゃくちゃ楽しめるアクション映画・コメディ映画をいくつかメモしていこうと思います。展開がなんとなく分かる予想を裏切らないストーリーなので、いい意味で感情を揺さぶられることがなく安心してラストまで見る事ができるのでおすすめです(※個人の見解です)。

ネトフリ – お酒片手に頭使わず見れるアクション・コメディ映画6選

『ヴェノム』2018年 PG12 1時間52分

【あらすじ】
凶悪な地球外生命体"シンビオート"に寄生されてしまった敏腕記者のエディ。合体により超人的な力を手に入れた彼は、悪の科学者と死闘を繰り広げることに。
https://www.netflix.com/title/80991034

2021年に続編が全国ロードショーされることが決定した人気のSF映画「ヴェノム」の1作目。主人公のエディにグロテスクな地球外生命体ヴェノムが寄生して…というお話ですが、ストーリーが進むごとになんだかヴェノムが可愛く見えてくることでも話題になりました。グロテスクなシーンもある為注意が必要ですが、次回作の公開も間近ということなのでお酒片手に(お酒はなくても)鑑賞しておくことを強くおすすめいたします。

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』2017年 G 1時間59分

【あらすじ】
4人の高校生はゲームの世界に吸い込まれ、本当の自分とは真逆の姿でジャングルを冒険する羽目に。4人はゲームをクリアし、現実世界に戻ることができるのか?
https://www.netflix.com/title/80192646

現実世界に戻る為に普段そこまで仲良しでもない高校生4人が奮闘するわけですけど、前作のジュマンジを見ていなくても楽しめます。ジュマンジの世界では本来の自分とは真逆のアバター(ガリガリのゲームオタクが筋肉隆々の最強戦士になるなど)で冒険することになってしまう、という設定で笑わせにくる作品ですが、現実世界でのパワーバランスが逆転したことで最初は不満全開の高校生たちも、冒険するにつれ友情が芽生え最終的にはちょっとほっこりさせられるストーリーです。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』2020年 PG12 1時間48分

【あらすじ】
ジョーカーと別れ、街中の悪党どもから命を狙われるハーレイ・クイン。曲者ぞろいの女性たちと悪のチームを結成し、裏社会を牛耳る凶悪な犯罪王に戦いを挑む!
https://www.netflix.com/title/81165134

2016年に公開された「スーサイド・スクワッド」の主要ヴィランであるハーレイの続編がNetflixで配信中です(最悪、前作見ていなくてもイケます)。強くて悪い女性たちが敵をバッタバッタ倒していくアクションシーンは非常に見応えありますし同時に爽快感も得られる映画です。主役のマーゴット・ロビーのキュートな仕草やヴィジュアルには酒が進みますし、御涙頂戴ではないあっさりとしたラストシーンも好印象でした。

『ピクセル』2015年 G 1時間46分

【あらすじ】
宇宙人が懐かしのビデオゲームのキャラクターの姿に扮して地球に侵略してくる。大統領と元ゲームオタクの幼馴染たちが、人類を危機から救うべく立ち上がる。
https://www.netflix.com/title/80037476

「宇宙人の侵略を止める為に元ゲームオタクに任務を依頼する大統領」という構図がすでに規格外ですが、宇宙人がパックマンやインベーダー、ドンキーコングなどに扮して地球を攻撃する様子はアーケードゲームを経験したことある人にとっては堪らないでしょう。6年前の映画ですがクオリティの高いCGは今見ても劣っておらず楽しめますし、良い意味で期待を裏切らない展開ですので気軽に鑑賞してほしい映画の1つです。

『翔んで埼玉』2019年 G 1時間46分

【あらすじ】
その昔、埼玉県民は東京県民から迫害を受けていた。アメリカ帰りの洗練された帰国子女・麻美麗が革命を先導し、理不尽な差別から埼玉を解放すべく立ち上がる!
https://www.netflix.com/title/81263922

人気俳優が勢ぞろいし、その豪華なキャスティングでも話題を呼んだ邦画「翔んで埼玉」。県民性や土地ならではの雰囲気を映像と言葉で形にし、特に関東圏在住者には通じる地元ネタが容赦なく視聴者を殴ってくるので笑い無しでは見られない映画です。もちろん関東在住ではない人が見ても置いてけぼりにはならないストーリーですので安心してお酒を片手に見て欲しい作品です。

『ゾンビランド』2009年 R15+ 1時間27分

【あらすじ】
ゾンビの世界で生き残るためのルールのひとつは、"旅行は身軽に"だが、大騒動を巻き起こす彼の仲間たちは、まさにお荷物!?
https://www.netflix.com/title/70123542

個人的お酒片手に見たいゾンビ映画ダントツ1位です。血や内臓などのグロさはありますが終始コメディタッチでかつ登場人物の魅力的なキャラに惹き込まれます。ラストにはアメリカの定番お菓子「トゥインキー」が食べたくなること必至です。ちなみに「ゾンビランド」は2009年の映画ですが、10年後の2019年に「ゾンビランド・ダブルタップ」という続編が公開されています。前作に引き続き主要キャストが出演するほか、映画公開年と同じく10年後の世界を描いているなど必見ですが残念ながらNetflixでは現在配信されておりません(続編が気になる方はAmazonプライムでレンタルしましょう)。

まとめ

2021年上半期はほぼドラマに集中していたので鑑賞した映画が少なめでした。次回はNetflix限定のオリジナル作品をまとめたいなと思います。
以上、お酒片手に頭使わず見れるアクション・コメディ映画6選でした。

ホラー映画をまとめた記事も更新していますので是非暇つぶしに見ていって下さい。

【Netflix鑑賞記録】2021年2月のおすすめホラー映画特集