こんにちは、沖縄エヌポンプのホームページ制作専門スタッフです。

パソコン版Twitter(ツイッター)から呟きを投稿する時のルールや使える機能について解説したいと思います。ツイッターを始めたばかりの方はもちろん、これから新しくアカウントを作成したいと考えている方にも使えるルールだと思いますので是非参考にしてみてください。

今回はPC版をベースとして投稿に関するルールを紹介していきますが、ツイッター公式アプリでも基本的には同様のルールで呟くことになりますので、アプリを利用する方でも参考になるかと思います。

※アプリによっては機能の制限があります。パソコン版は共通していますので、どうしても利用したい機能があればアプリではなくパソコン版ツイッターアカウントからつぶやくことをオススメします。

PC版ツイッターの投稿ルール・使える機能一覧

パソコン版ツイッターでテキストをつぶやく際に使える機能としては、主に5つの機能があります。

  1. 投稿予約設定:呟きを公開する日時を細かく設定することが可能
  2. 絵文字の追加:テキスト入力欄に絵文字を追加することが可能
  3. アンケート機能:フォロワーや閲覧者が参加可能なアンケートを追加可能
  4. GIF画像の追加:GIF画像を選択し呟きに追加することが可能
  5. 画像や動画の追加:パソコンに保存されている動画や画像を追加することが可能

これらの機能は、テキストを入力するボックスの下に表示されているアイコンから選択することが可能です。

投稿予約設定機能

基本的にツイッターで投稿する内容はリアルタイムで公開されることが前提です。「ツイートする」というボタンをクリックするとただちに内容が投稿され、フォロワーのタイムライン上にあなたの呟きが反映されます。

しかし、投稿する呟きを事前に編集し、任意の時間に公開されるように手動で設定できる機能「予約設定」がパソコン版ツイッターでは利用することが可能です。

テキスト入力欄の下にあるカレンダーアイコンをクリックすると、「予約設定」という画面が表示されます。ここから「日付」「日」「年」「時刻」を設定することで、事前に予約投稿を設定することが可能です。

【解説】1分で設定可能!Twitterでツイートを予約投稿する方法

アンケート機能

アンケート機能は、フォロワーや閲覧者が参加可能な質問を呟くことができる機能です。テキスト入力欄の下にある棒グラフのアイコンをクリックすると、質問を入力する画面が表示されます。

回答については2〜4項目設定でき、投票期間は最大7日間まで設定することが可能です。

※ アンケート機能を利用すると、「画像や動画の追加」「GIF画像の追加」「予約投稿の設定」が使用できなくなりますので注意しましょう。

GIF画像の追加

PC版ツイッターでは現在、GIF画像を追加することも可能です。テキスト入力欄の下にある「GIF」と書かれたアイコンをクリックすると様々なGIF画像が表示されます。

1つの呟きに対して、GIF画像を選択できるのは1枚までです。GIF画像を呟きに含めると、「画像や動画の追加」「アンケート機能」が使用不可になります。

※ GIF画像を設定するとその他画像を添付できなくなるといった制限がかかりますが、「予約投稿」については通常通り使用可能なので、事前に呟きを投稿する日時を予約設定しておきたい場合でも使えます。

画像や動画の追加|基本的なルール

パソコン版だけでなく、公式アプリでも使用可能な機能として呟き内に画像や動画を設定できる機能が挙げられます。

  • 画像・・・・・・1つの呟きで「4枚」まで添付可能
  • 動画・・・・・・1つの呟きで「1枚」まで添付可能(※ただし最大時間2分20秒、最大容量512MB)

画像や動画を追加すると、「GIF画像の追加」「アンケート」といった機能が使用できなくなりますので注意しましょう。

画像や動画の追加|画像の比率編集・ALT機能

画像を追加した際に、ツイッター上で「サイズ」を編集することが可能です。添付した画像の右下に「編集」というボタンが表示されるので、クリックすると画像編集画面が表示されますので、画像サイズを変更したい方はこちらの機能を使用すると良いでしょう。

また、目が不自由な利用者などが添付された画像を理解できるように代替テキストを入力することも可能です。画像の意図や内容を正確に説明できるよう、1000文字以内でテキストを入力することができます。

公式ツイッターアプリでは、「縦長画像」が見切れずに表示されるシステムへとアップデートされました。画像を投稿する際の最適な比率について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

[2021年最新]Twitterが縦長サムネ対応!縦長画像の最適な比率を解説

その他機能|リプライ(返信)についての制限

ツイッターのデフォルト機能では、呟きを閲覧できるすべてのアカウントがリプライ(返信)することが可能です。

しかし、下図のように「全員が返信できます」と表示されている箇所をクリックすると、返信できるアカウントについて「全員」「フォローしているアカウント」「@ツイートしたアカウントのみ」の3つの中から選択することが可能です。

その他機能|スレッド機能

ツイッターは基本的に「140文字」以内のテキストで呟くことが前提のSNSです。短文での表現や画像と組み合わせた呟きをすることに特化していますが、「スレッド機能」を利用することで長文のテキストを別々の呟きとしてではなく一連の呟きとしてタイムライン上にまとめて表示させることができます。

【解説】長文や画像を一気に投稿「Twitterスレッド機能」の使い方

まとめ|使用できる機能を知って、ツイッターを有効活用しよう

趣味や個人的な利用だけでなく、企業アカウントのプロモーションやクリエイターの表現の場としても活用されているツイッターですが、使用できる機能を知ることで使える幅も広がるかと思います。

これからツイッターアカウントを開設する方も、現在アカウントを利用中の方も是非一度使える機能を改めて知り、活用の幅を広げてみてください。

沖縄で格安ホームページ制作をするなら沖縄エヌポンプにお任せください

沖縄エヌポンプは、沖縄県内の企業様や個人事業主様向けのWEBサイト・ホームページ制作を行なっています。その他、Webサイトの運用代行、オリジナルイラスト制作や記事コンテンツ制作、YouTubeチャンネルの開設・撮影・運用・動画編集等のお仕事も承っています。
Webに関する制作依頼のご相談やお見積もりなど、まずはお気軽にご相談くださいませ。

【解説】Twitterのヘッダーサイズと画像作成時の注意点まとめ