こんにちは、沖縄で活動しているコンテンツ制作チームの沖縄Npnp(エヌポンプ)です。エヌポンプでは、WEBサイトやホームページ制作だけでなく、YouTubeチャンネルを開設・撮影・運用したり動画編集のお仕事も承っています。

WEBサイトやSNSを運用するにあたって必要不可欠とも言えるロゴアイコン。今回は本格的なデザインのものを手っ取り早く自分で作りたい方にオススメのロゴ作成サービス「Hatchful」というサービスを実際に使用してみたのでロゴを作成する方法使用感、メリットやデメリットについて解説していこうと思います。

〈この記事でわかること〉・ロゴ作成サービス「Hatchful」とは何か・「Hatchful」の使用方法について・ロゴ作成サービスを使用するメリットとデメリット・ロゴ作成サービスはこんな人にオススメ

ロゴジェネレーター「Hatchful」とは

ロゴジェネレーター「Hatchful」は無料で企業ロゴやブランドロゴ、SNSで使えるアイコンが簡単に作成できるサービスです。

Hatchful | https://hatchful.shopify.com/ja/

ロゴ作成にはデザインの知識や複雑なPC操作等は必要なく、いくつかのチェック項目を選択するだけで自動的に複数のロゴが作成されます。手軽に作成ができ、かつ専門的な知識も不要なので誰でも簡単に作成することが可能です。基本的にアカウント登録だけで無料で作成・ロゴの保存を行うことができるため無料で本格的なロゴが作りたい方におすすめのサービスです。

それでは実際にロゴジェネレーター「Hatchful」を使用してロゴを作成していきます。

1. トップページを開く

まずはトップページ「Hatchful」を開きます(以下パソコン画面での表示をもとに説明をおこないますがスマートフォンでの操作もまったく同じです)。

トップページの「今すぐはじめる」をクリックします。

2. 業界を選択する

次に作成したいロゴの業界やジャンルについて当てはまるものを選択します。

「ファッション」「健康と美容」「食料品」など様々な業界が用意されていますので1つ選択したら「次へ」をクリックします。

3. スタイルを選択する

次にデザインのスタイルを選択します。どんなイメージのロゴにしたいか選択しましょう。「落ち着き」「信頼感のある」「クラシック」などのデザインの印象が複数用意されています(最大3つまで選択可能)。

選択したら「次へ」をクリックします。

4. ビジネス名を入力

次にビジネス名を入力します。ここで入力した文字がロゴに反映されます(※後に変更可能です)。

「スローガン」という箇所にはビジネス名に関連するワードや文章を入力しますが、記載する内容がない場合は空白でも問題ありません。

入力したら「次へ」をクリックします。

5. ロゴを使用する箇所を選択

最後にロゴを使用する媒体を選択します。ウェブサイトやソーシャルメディアなどいくつか選択肢が用意されているので当てはまるものすべてにチェックしましょう。

これでロゴ作成手順はほぼ完了です。「次へ」をクリックすると、選択肢にしたがって作成されたロゴデータが一括で表示されます。

仕上げ – 自動生成されたロゴを選択し、細部を修正

それでは自動生成されたロゴを確認していきましょう。

以下は、業界を「ファッション」、デザインスタイルを「落ち着き」「信頼感のある」「ナチュラル」を選択し、ビジネス名「N-PNP WORK」と入力して生成されたロゴの一部です。

スムーズに選択肢をチェックし終えた場合、ロゴの自動生成までのステップをすべて終えるまで約1〜2分といったところでしょうか。たった数分でロゴサンプルを数十個作成することができました。

この中からイメージと合うロゴを選択し保存するのも良いですが、最後に色やフォントなど手を加えることも可能です。

ロゴを選択すると上図のように編集画面が表示されます。ここではフォントや色、アイコンなどを自由に変更することが可能です。そのままのデザインで問題なければ「次へ」をクリックしましょう。

「ダウンロード」をクリックすると作成したロゴを保存することができます。

ダウンロードするには会員登録(無料)が必要です。非会員である場合は会員登録画面が表示されますのでアカウント登録を行いましょう。

ロゴジェネレーター「Hatchful」の使い方は以上です。

まとめ|ロゴジェネレーター「Hatchful」でロゴ制作するメリット・デメリット

今回初めてロゴジェネレーター「Hatchful」を使用してロゴ作成をしてみましたが、知識なくとも簡単に本格的なロゴが作成できる点が良いと感じました。ロゴ生成に必要なチェック項目も難しい問いは一切なく、スムーズに選択できれば数分でロゴが完成するのも魅力的です。また、自動で作成されたロゴをさらに編集できる機能もあるなど、手軽にロゴを自分で作成したい人にはとても向いているサービスだと思います。

ただ、レイアウトを大幅に変更したり日本語フォントに対応していない点などは、作り込みたい人にとっては不便であると感じます。

というわけで以下にメリットとデメリットを簡単にまとめました。

〈メリット〉・デザインの知識がなくても簡単におしゃれなロゴが作成できる・編集機能によって、自動生成されたロゴをさらに手を加えることが可能〈デメリット〉・フォントが日本語対応していない・大幅なデザイン変更ができない

以上のことからロゴジェネレーター『Hatchful』は「手っ取り早く簡単にロゴを手に入れたい方」や「ロゴデザインを制作会社に依頼するほどではない場合(趣味でSNS運用や個人ショップを経営する人など)」にオススメのサービスでしょう。

より本格的なデザインのロゴを作成したい場合やある程度イメージが固まっている方、コンセプトをしっかりと持たせたロゴを作成したい方にはWEB制作会社等のプロに一度ご相談することをオススメいたします。

企業ロゴ・ブランドロゴ・広告作成等は沖縄エヌポンプにお任せください

沖縄エヌポンプではホームページ制作のほか企業・ブランドロゴ作成、SNSで使用する画像デザイン制作、YouTubeのサムネイル画像作成等WEBに関する幅広い業務を行なっております。現在沖縄県内だけでなく全国からリモートでのご相談・ご対応を承っております。まずはお気軽にご相談くださいませ。