こんにちは、沖縄エヌポンプのホームページ制作専門スタッフです。

副業ビジネスが一般的になってきた昨今、インターネットを活用したビジネスが盛んで、とくに「ブログ」は誰でも気軽に始めることが可能なことから「ブロガー」として小銭稼ぎを始めたいという方は非常に多いです。ということで、本日はブログを始めたいと考えている方こそ知っておきたい「ブログを使った稼ぎ方の種類」をお話したいと思います。

【ブロガー必見】ブログネタに困ったら参考にしたい記事ネタと6つの構成

ブログでの稼ぎ方には大きく分けて2つ種類がある

広告収入

ブログを活用して収益を得る方法としては「広告収入」が一般的です。広告収入を得る方法は、ブログ運営者がブログ内にWeb広告を掲載し、ブログを閲覧したユーザーが広告をクリックすることで収益が発生します。広告にはテキストスタイルのものやバナー画像、動画形式の広告などが存在し、一回のクリックにつき発生する収益については広告の種類や広告自体の単価によっても異なります。

実際に「ブログで広告収入を得たい!」という場合には、最低限ブログへのアクセスが存在していることが大前提です(広告を表示し続けてもクリックするユーザーがいないと収益は入らない=閲覧者の数が必要)。また、利用するブログサービスについても自身で広告を貼り付けることができるサービスを活用してブログを開設する必要があります。

【ブログで広告収入を得たい時に必要になるもの】
・WordPress(ワードプレス)といったブログ作成ソフトウェア
・サーバー契約、ドメイン契約
・広告収益サービスへの登録(Google AdSenseなど)
・記事を作成するためのテーマ、ネタ
・アクセス解析ツールの導入 など

初めてブログを開設する場合には、サーバー・ドメイン契約、ブログ開設準備、記事の作成といった工程が必要不可欠ですので、まとまった収益が得られるようになるには膨大な時間と準備、サーバー・ドメイン契約費用、発信力、トレンドのキャッチ力、Google Analytics(グーグルアナリティクス=アクセスデータを閲覧するためのツール)の解析力などが必要になります。

「ブログ内に広告を貼り付けたい!」と考えた場合に挙げられる広告収益サービスとしては「Google AdSense(グーグルアドセンス)」が有名ですが、利用する場合には審査が必要です。また、ブログの内容によっては利用規約上グーグルアドセンスを使用できない場合があります。

月額マガジン、有料コンテンツの販売

ブログで稼ぐ方法としてブログを流入元として月額マガジンや有料コンテンツ、ブログテーマに関するサービスを販売し、ブログ閲覧者(ファン)がそれらを購入することによって収益を得る方法があります。

「ブログ内にWeb広告を掲載して収入を得る方法」とは異なり、販売したいコンテンツやサービスがすでにある場合は、自身でブログを一から開設する作業をしなくとも「無料のブログサービス」を活用してブロガー活動をすぐに開始することができます。

記事コンテンツを販売して収益を得る方法として導入しやすいサービスには「pixivFANBOX(ファンボックス)」や「note(ノート)」などがあります。限定コンテンツとして記事を配信でき、月額登録したユーザー、もしくは単体記事を購入したユーザーは限定コンテンツを閲覧することが可能です。どちらも登録は無料で販売価格などを自由に設定することができます。

「広告収入を得る方法」については、閲覧者が多ければ多いほど有利のため不特定多数のユーザーがブログへ流入してくることを目的に「バズりそうな」記事を作成することが収益を得るために必要なステップの1つですが、月額マガジンや有料コンテンツの販売によって継続した収益を得たい場合には「ブログ主(またはブログ主が発信する情報)のファン」を獲得する必要があります。不特定多数へ届けるためのブログ記事を発信するのではなく、「ブログ主のコンテンツが好き!もっと読みたい!」という気持ちにさせ、最終的には購入に至らなければならないからです。

単価で言えば広告収入よりも高く、ファン数が増えるほど収益も増えるため、ブログで収益を得たい場合にこの方法で記事コンテンツを制作しブログ全体をブランディングしていく方も多いですが、どれだけファンを増やせるかがポイントとなるためブログだけでなくSNS(ツイッターやInstagramなど)も活用し多方面から流入を試みる必要があります。

まとめ

ブログで情報発信をし続ける人、いわゆる「ブロガー」になるにはもちろん資格などは要りません。根性論になりますが”やる気”さえあれば誰でも今すぐブロガーになることができます。しかし、ブログを継続することができても稼ぐにはまた別の技術が必要です。

「ブログの始め方」「稼ぐ方法」についての本や有料コンテンツが数多く販売されていますが、「そもそも記事を書いたことがない!」という方は、まずは一度、テーマはなんでも良いので記事を一本書き上げることをオススメします。記事を一本書き、これを継続できるかを判断したあとに、そのような本や商材を購入して自己投資をするなり勉強するにしても遅くないでしょう。

沖縄で格安ホームページ制作をするなら沖縄エヌポンプにお任せください

沖縄エヌポンプは、沖縄県内の企業様や個人事業主様向けのWEBサイト・ホームページ制作を行なっています。その他、Webサイトの運用代行、オリジナルイラスト制作や記事コンテンツ制作、YouTubeチャンネルの開設・撮影・運用・動画編集等のお仕事も承っています。
Webに関する制作依頼のご相談やお見積もりなど、まずはお気軽にご相談くださいませ。

【ホームページ制作後の運用】WEB記事の構成について簡単に解説します