こんにちは、沖縄のWEBサイト制作・ホームページ制作チームのNpnp(エヌポンプ)です。

今回は、ホームページ・サイト制作後の運用を代行業者に依頼したときのメリットについてお話していきたいと思います。

ホームページやWEBサイト制作後は継続した運用が必要になります。集客化を目的とした場合だけでなく、採用面や認知向上を目的とする場合でもサイト更新作業や保守管理等の運用が必要です。

WEB運用代行業者に委託を検討中の方や、自社で運用中であるが委託をした方がよいか悩んでいる方についてもぜひ参考にしていただけたらと思います。

ホームページ運用を代行業者に委託したときのメリット

ホームページ・WEBサイト運用を外部委託した時のメリットとしておおまかに「何らかの原因でトラブルが発生した場合に対応してもらえる」効果的に集客を図ることが出来る」この2つが挙げられます。

何らかの原因でトラブルが発生した場合に対応してもらえる

ホームページ運用の外部委託業者が行う作業の中にサーバー・保守管理やメンテナンスというものがあります。

通常、ホームページというものはレンタルサーバーを利用して運用をしますが、大元のサーバー自体に不具合や通信障害が発生した場合その影響によってホームページが一時的に表示されないなどのトラブルが生じます。

そういった場合において、日頃から外部委託業者に運用を任せておくことで不具合や緊急時の対応だけでなく日頃のメンテナンスや更新情報を管理してもらうことが可能です。中にはWEBからの問い合わせ対応・メール送受信対応も同時に請け負う委託業者もありますので、WEBの知識に詳しくない方に加えて自社でWEB担当者が不足している場合でも、専門の委託業者へ運用を任せおけばホームページを問題なく表示させるという点においてはひとまず安心というわけです。

効果的に集客を図ることが出来る

ホームページ運用の外部委託業者が行う作業として、もう一つ挙げられるのがコンテンツ記事制作です。

ホームページで集客化を図る場合、ページ自体を問題なく表示させることは勿論のこと既存コンテンツについては定期的にブラッシュアップを行い、新たにコンテンツを追加して常に新鮮な情報を更新し続けることが集客への第一歩となります。

ホームページ運用代行業者はプロの視点からアクセス解析をして、閲覧されている記事や閲覧が低い記事を確認した上で必要な情報を記事にまとめて追加することができ、WEBサイトがどのように育っているのかを確認することが出来ます。ですので社内にWEB担当者や部署がない場合は、ホームページ制作後に効果的に運用したい場合は専門の業者へ任せることをおすすめします。

仮に月給15万円でWEB担当者を新たに雇用したとしても、基本的に素人ですので効果についてはあまり見込めません。複数名が所属する専門の部署がある場合(※単独だと退職した場合などに後継問題が発生するので)や、個人事業主・フリーランスの場合は自身で運用を行う方が効率的かもしれませんが、そうでない場合はプロのWEB運用業者に委託をした上で1記事1万円で15記事書いてもらった方が効果的です。

サーバー・保守管理のみを行う管理業者の作業内容については、コンテンツ追加やページの修正といった制作業務は基本含みません。ですので制作業務もまとめて任せたい場合は総合的なホームページ運用を行う業者を選択しましょう。

委託費用の相場・目安

では、ホームページ運用の委託費用の相場はどれぐらいなのかというと、ざっくりですが「月額1〜3万円程度」が相場でしょう。内訳として上記で挙げたサーバー費用、保守管理費用、コンテンツ記事の更新費用などが含まれます。もちろん契約内容によって異なりますので(安いところだと数千円から運用代行している業者もあります)あくまで必要最低限含まれた内容の相場がこれぐらい、と考えると良いでしょう。

代行業者に委託せずに自分で運用した場合のメリットは?

代行業者に委託せずに自分(自社)で運用した場合の一番のメリットは「お金がかからない」ですね。仮に委託費用が月額1万円だとして、年間でWEB関連への費用が最低でも12万円かかりますが自社で運用した場合はそれがゼロというワケです(※サーバー費用やドメイン費用は別途必要です)。

もう一つ、委託業者に運用代行をしていると、ホームページ修正依頼や追加依頼を行う場合に齟齬が生じる可能性やこちらの意図をうまく伝えられず依頼作業に多くの時間を費やしてしまう、ということがないこともないです。

そういった面倒を避けて自社で運用し円滑に進めたいという理由は代行業者に委託をしない理由の一つにはなりますが、あくまでも自社にWEBに精通し専門とするチームが存在している場合にのみ考慮した方がよいでしょう。

まとめ

<運用代行業者に委託するメリット>
何らかの原因でトラブルが発生した場合に対応してもらえる
効果的に集客を図ることが出来る
費用の相場…「月額1〜3万円」<自社(自分)で運用した場合のメリットは?>
● お金がかからない(サーバー費用やドメイン費用は別途必要)
● 自社で円滑に進められる
※ただし、社内にWEBに精通する専門チームやWEB担当がいる場合に限定される!

というわけで以上、「ホームページ制作後の運用を代行業者に依頼するメリット」についてでした。

ホームページ運用の重要性についてはこちらの記事で説明していますのでご覧ください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://n-pnp.com/2020/04/21/website-mistake/]