こんにちは、沖縄Npnp(エヌポンプ)のホームページ制作専門スタッフです。

ホームページ制作を依頼する際には、テキストや画像といった素材を、基本的に”依頼主”が準備する必要があります。
今回は、ホームページ制作時に、多くの中小企業・個人事業主の方からご依頼をいただく「採用情報」ページについて、どのような構成・内容でデザインしていくかをまとめました。

この記事を読めば、ホームページ内の「採用情報ページ」を構築する上で、依頼主の方が準備すべき"素材"が何か、ということが分かるかと思います。これからホームページ制作を初めて依頼する方も是非ご参考にしてみてください!

ホームページに「採用情報ページ」を追加する

採用情報ページの基本的な構成

ホームページ内に採用情報ページを追加する際、以下の内容でページを構成することが多いです。

  • 募集中の職種紹介
  • 募集要項
  • 採用関連の問い合わせ先
  • 履歴書、エントリーシート等データの添付

4項目の「履歴書、エントリーシート等データの添付」については、なければページ内に組み込まなくても良いですが、採用希望者からの連絡や質問受付の際に必要な問い合わせ先関連の情報については必ず掲載をします。
それでは、構成すべき内容について詳しく見ていきたいと思います。

募集中の職種紹介

採用ページで欠かせないのは募集中の職種紹介です。
どのような職種なのか、主な業務内容についてを文章で紹介したり、箇条書きにすることもあります。一般職、専門職ともに、業務内容を詳しく記載することで採用希望者とのミスマッチをなくす意味合いもありますので、ホームページ上に記載できる範囲で紹介すると良いでしょう。

募集要項

募集要項については以下のような内容を掲載します。

  • 求める人物像(例|明るく社交的である人/黙々と作業することに向いている人)
  • 求めるスキル(例|ワード、エクセルが使える人/○○ソフト実務経験2年以上)
  • 年齢、学歴
  • 勤務地、勤務時間
  • 残業の有無、休日
  • 給料、交通費

要項は職種や業界でも異なりますので上記の項目は一例ですが、適した人材を効率的に探したい場合はより具体的に募集要項を記載すると良いでしょう。
募集内容が曖昧であるほど、採用希望者から疑問点に関する問い合わせが増え、その都度対応しなければならない手間が増える可能性があるので、やりとりの手間をできるだけ省きたい場合はより具体的に記載することをおすすめします。

採用関連の問い合わせ先

採用ページに欠かせない項目として、「問い合わせ先」も挙げられます。
採用担当窓口がある場合は必ず記載しておきましょう。採用担当窓口がない場合は、総合受付に関する情報(電話番号、営業時間、メールアドレスなど)を記載します。また、WEBからの問い合わせを受け付けたい場合は、ページ内に採用関連の問い合わせフォームを設置することもおすすめです。

ページ内の構成としては、問い合わせ先は基本的にページの最後に記載しましょう。(例|「募集中の職種紹介→募集要項について説明→問い合わせ先記載」という流れ)

履歴書、エントリーシート等データの添付

企業によっては専用の履歴書やエントリーシートを用意する場合があります。もし、採用希望者全員に規定の書類への記載を求める場合は、採用ページから用紙データがダウンロードできるように設置しておくと良いでしょう。
ホームページ制作会社と制作の相談をする際に、もし上記のような資料データがある場合は事前に相談し、採用情報ページ内に設置できるか確認してくことをオススメします。

まとめ|採用情報ページに限らず、ホームページは閲覧者に対して伝えたいことが伝わるつくりが重要

・募集中の職種紹介
・募集要項
・採用関連の問い合わせ先
・履歴書、エントリーシート等データの添付(あれば)

上記4点が、採用情報ページに最低限必要な項目です。その他、より採用情報を充実させたい場合は、職種別スタッフインタビュー記事や、業務の1日の流れをイラストや図で説明するなど、コンテンツを強化することも1つの案です。

どのような採用ページに仕上げたいのか、事前にホームページ制作会社との打ち合わせで相談しておきましょう。

沖縄で格安ホームページ制作をするなら沖縄エヌポンプにお任せください

沖縄エヌポンプは、沖縄県内の企業様や個人事業主様向けのWEBサイト・ホームページ制作を行なっています。その他、Webサイトの運用代行、オリジナルイラスト制作や記事コンテンツ制作、YouTubeチャンネルの開設・撮影・運用・動画編集等のお仕事も承っています。
Webに関する制作依頼のご相談やお見積もりなど、まずはお気軽にご相談くださいませ。

ホームページは放置NG!定期的に更新すべき内容を解説